【エロアニメ】TSF物語 Trans.2「痴漢!輪姦!肉便器!!」

ついたコメント

  1. 名前:kirino : 投稿日:2017/03/09(木) 20:57:44 ID:c2NTM3MzE

    レクリェーションダイアログは見事に色物マニアみたいで、バラエティーに富んだプランになっています。
    係のインターネットブログによると、ライター陣営の思いで荒木秀樹プロデューサーが努力されたとの事で、飽きの欠けるプランになっています。

    上着の様に、ヒロイン(?)の杏里といった有難い関連になるのかと思いきや、上でぶらりと「セミナーを休む」って分かれを話しられます。
    主人公のタクミは寂しさを紛らわす為に、パパらにボディを開放し、ひいては通学汽車内で寄って来た親父痴漢にまでボディを預けます。
    誘因は一層増長し、親父痴漢の友人を巻き込んでの(性的)慰安観光にまで発展します。
    むき出しに【鼻フック】で【どじょうすくい】を演じさせられた柄、定番の【女体の船盛】にされ、専ら船皿の上で輪姦…。

    後々、タクミのおめでたが露見。
    その後は上着の【ハラボテ】状態で、会話が進みます。

    タクミは分娩金額辺りを稼ぐ為に、【たちんぼ(街娼)】をする事になります。
    体の事を考えてアナルプレイで接客しますが、ゲストに焦らされて逆におねだりする措置。
    そうして終盤で、憧れのレディースであった杏里と再会し、お互いの力を確認し合う事になるのですが…。
    この先は、題材バレになるので伏せますが、ハッピーエンドです…ってだけ言っておきましょう。

    前巻は、「SEXって涼しい」という喜ぶタクミさん…て知覚でしたが、今回はずっと「アヘアヘ」言ってた印象です(笑)。
    目下作品はアナルプレイもあるので、アナルのモザイクが半数ぐらい解禁されてある。
    また、最初封入のライターの描き下ろし張り紙は、どうも綺麗で働きに即した図案になっています。

    彩り物故に万人受けはしないと思いますが、品物としては楽しく後味も良かったので、☆×4だ。

    この投稿者さんへ返信
  2. 名前:ペロ : 投稿日:2017/03/09(木) 20:59:28 ID:c2NTM3MzE

    段々と性の醍醐味にハマり、痴漢のおっさんと宿屋に行ったりトラベルに行ったりする。スクリプトにもある「どじょうすくい」の状態は明るいですね。面持ちがセクシーいし声優の結果威力も素晴らしいです。女体盛りのシーンでは、刺身を醤油代わりにアソコに混じる→アソコの汁のついた刺身を食べられる、という描出もあります。

    この投稿者さんへ返信

コメントする

ページの先頭へ